そろばんが磨く6つの能力

そろばん教育は、子供達の脳の発達を促進し、さまざまな能力を向上させます。

科学的な分析でも次の6つの能力アップに驚異的な効果をあげると言われています。

注意深く数字を読みとるトレーニングが洞察力の原点になります

問題解決の思考回路を最短距離で結ぶ「脳力」が開発されます

珠算式記憶法(右脳を使用した直観像記憶)は長期間失われません

制限時間内に規定問題数の正解を目指すことで集中力が身につきます

集中する力
注意深く
観察する力
記憶する力
イメージや
ひらめきの力

読みとった数字を右脳で秒速処理し、左脳で正確な数字情報に変換します

ビジネスパーソンとして必要な能力が身につきます

情報を
処理する力
速く聴き
速く読む力
3320225_l.jpg

2022年全国そろばんコンクール秋田県大会
結果報告

お 知 ら せ

 秋田珠算連盟では昭和22年の設立以来、各種検定試験や競技大会の実施などを通じ、そろばん、暗算の普及促進に力を注いできました。当連盟が所属する日本珠算連盟は、各種検定試験や競技大会の施行、会員等を対象とする研修会の開催、会員の福利厚生事業等を実施するなど、全国4,000余の会員が一丸となって珠算の普及と奨励に資する活動を展開しています。昨今、「そろばん」は単に計算手段としてではなく、計算感覚の涵養、暗算能力の強化に役立つものとして、社会一般から高い関心を得ています。こうした流れを確実なものとし、そろばんの復権に向けた諸活動を行っております。